スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風・水害などいろいろと・・・

3月11日の東北地方太平洋沖地震において、
またこのたびの台風12号におきまして、
被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。



久しぶりの更新となりました。
3月11日の出来事は、大変ショックなことでした。
ブログを書くこと気力もなくなっていました。



私の実家は、三重県南部です。
過去に2度、床上浸水しています。
家の前が田んぼをはさんで川のため、氾濫すると浸かってしまうのです。
一度目は、畳の上のところでした。
二度目は、押入れの真ん中の高さまで浸かりました。
二度目のとき、ちょうど私は実家に戻っていましたので、
生まれて初めて床上浸水というものを体験しました。



水が引いた後の家の中の様子は、
あまりよくない表現ですが、家の中で手榴弾を爆発させたような感じでした。
家中、泥だらけで、冷蔵庫・洗濯機・タンス・机が倒れ、
私の卒業証書などは、どこかに流れてしまっていました。
テレビや、オーディオなどの電化製品は、ほとんど使い物にならず、
粗大ごみとなり、大切にしていた本などもほとんどが流されました。
そして、母が静かに泣いていたことを覚えています。



テレビでしか見たことがない光景を、実際に体験してみて、
それは、それは大変なことでした。
肉体的にも、精神的にもつらいものです。



さきほど、3度目の床上浸水をしたとの話を聞き、
今回は、天井近くまで浸かったとのことでした。
早めに高台に避難したようで、両親は無事とのことで安心しました。



個人的に思うのですが、3月11日の大震災で、
みんなが防災意識を高めたことで、今回の台風12号でも、
教訓をいかし、被害を最小限に食い止めることができたんじゃないかと思います。



今まででしたら、「大丈夫」「ここまでは水はこないよ」
「水がきてから逃げればいいさ」「この川は今まで氾濫したことないから大丈夫だよ」
などなど、甘く考える人が多かったと思うのです。



行政が避難勧告・避難指示しても言うことを聞かない人もいたと思うのですが、
3月11日以降、みんなが「もしかしたら」という気持ちになって、
早めの行動ができるようになっていると思います。



私たちは、常に、防災意識を持って生きていかないといけないと思います。
もしもの場合に備えることの重要性を認識することが、これからの時代
ますます必要になってくるのではないでしょうか。



スポンサーサイト

謹賀新年

あけましておめでとうございます!
(すごく遅いご挨拶となりました^^;)

久しぶりの更新となります。

新年早々、常連様もたくさんの方に来院していただき、
また、新規のお客様にも多くきていただき感謝しております。
本年も皆様の健康づくりのお手伝いをさせていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

あなたのカラダ応援団 ラクーン整体院です^^

見えない力

以下のまとまりのない文章は、信じないで下さい。

ちょっと変わっている人のひとりごとです(笑)



先日、50代の女性が付き添いの方とともに、首と肩の痛みで来院されました。

整形外科でレントゲンを撮って異常なし・診察も異常なし。

原因不明なので、シップと首の牽引で様子を見ましょうとお医者さんに

言われたとのこと。(よくあるパターン)



初めての来院でしたので、全身を施術し、カラダのバランスを整えてから

問題箇所を施術しました。



施術終了後、その女性の付き添いの方が驚く。

「今日来る前の顔と、今の顔が全然違う」

暗い顔から、まるで別人のように明るい顔へと変化していました。
(↑この変化は、あとで重要なポイントになります)


その女性は、
「ああ、首がすごく楽になりました」と喜んで帰っていきました。




一週間後、予約されて、すごく暗い顔での来院。

「3日くらいは楽だったんですけど、また辛くなりました」とのこと。



軽く全身施術した後、首・肩を重点的に施術。

「はて? 首も肩もそれほど問題はないですね・・・」

この状態でそんなに辛いということはないはず・・・と思いつつ、

施術終了。様子を見てもらうことに。



その一週間後、予約されて暗い顔で来院。

「やってもらった3日くらいは楽なんですけど、また首が痛いんです」とのこと。



いつもどおり、全身施術したあと、問題箇所へと移るが・・・

首も肩も問題なし。



「はっ!」とそこで気づく。

もしかして・・・この人も・・・・・。



施術後、ストレートに聞いてみる。


「突然ですけど、お墓参り行ってますか?」


その女性と付き添いの方が驚いた顔をしていましたが、

「行ってません。ここ20年くらい・・・」と返答が。



やっぱりそうだったか・・・。

(ここから下の話は信じなくて結構です。私のひとりごとだと思ってください)



私「たぶん、見えないものがついてると思うんです。」

私「信じなくていいですよ。」

私「ただ、だまされたと思って、お墓参り行ってほしいんです。」


女性「・・・」

女性「じゃ、近いうちに行ってみます・・・」


私「今日、これから行ってください。」


女性「えっ?今からですか?」


私「そうです。今すぐにでも行ってください」


付き添いの方「行ったほうがいいんじゃない?」

(整体施術の前と後の顔色が明らかに違うのを感じてもらっていたので、
 私のことを信じてくれたようです)


女性「普通にお墓に参ればいいんですか?」


私「いえ、まずは20年間お墓に行かなかったことをご先祖に詫びてください」

私「それから、これからはお墓に参ることを伝えてもらって」

私「ご先祖様に首・肩の痛みを取ってもらう様にお願いしてください」


女性「わ、わかりました・・・」

付き添いの方「じゃ、今から行こうよ」


そんなやりとりがあり、3回目の施術終了。



その一週間後、また予約をされ、明るい顔で来院。




女性「あの後、言われたとおりにお墓に参りました。」

女性「そうしたら、その晩から首の痛み・肩の痛みがなくなったんです」



いつもどおり、全身施術し、首・肩の様子を見るが、問題なし。

もう大丈夫だということを伝えて無事施術終了。



ごくごく少数ですが、こういう例があるのです。
(しつこいようですが、ひとりごとです。信じないでください^^)


個人的に見えない力は働いていると思っています。

光があれば影がある。

上があれば下がある。

自然界のすべてのものを「陰」と「陽」の2つに分ける考え方、

陰陽の法則ですね。



つまり、物事は一対として成り立っている。

見える世界があれば、見えない世界がある。



私は中学生のとき、先生から

「宇宙には限りがある。宇宙の外には何かしらのものがあるはずだ」

「科学的に宇宙が永遠に続くということはない」

と教えられ、そのことを信じてきました。



ところがです。

ある本を読んだら、こう書いてありました。

「宇宙は永遠に広がっている・・・」

私はこの本に書かれていることはインチキだと思いました。

しかし、続きを読んでいくうちに、

「宇宙は永遠に広がっている」ということを信じてしまったのです。



この本の続きはこういうふうな内容が書かれていました。

「物事は一対だ。上があれば下があるように・・・」

「永遠に大きくなる世界があれば、永遠に小さくなる世界がある」

「1cm四方の紙切れを、半分に」

「そして、その半分になった紙切れをさらに半分に・・・」

「いつになったら、その紙切れは一番小さくなるだろうか?」



はっ!」としました。

一種のカルチャーショックを受けたような感じでした。



「その紙切れは、永遠に小さくなっていく・・・」



陰陽の法則を前提に考えれば、宇宙は永遠に広がっていても

おかしくはない・・・。



見える世界があれば、見えない世界があるはず・・・。



私がお墓参りの大切さを理解したのは、24~25歳のころです。

ご先祖さんの誰一人欠けても、今の自分は存在しないからです。



今現在、電気もガスも水道も完備されて、ほとんど衣食住に困ることなく

生活できていますが、はるか昔はそんなものはありません。

生きるか死ぬかという極限状態で、生存競争を勝ち抜かなければならない

環境でご先祖様が生き抜いてもらったおかげで、今の自分があるわけです。



そう考えると、ご先祖様への感謝の気持ちが出てくるわけです。



私たちは、一人では何もできません。

一人で何でもやっているように思えるかもしれませんが、

できないのです。



私は、見えるもの・見えないもの・森羅万象すべてに

心から感謝することができるようになってきました。



物事の見方を少し変えるだけで、人生は大きく変わります。

カラダもココロも変わります。

どうか、意識してみてください。

自分の健康は、自分自身で変えられるということを。

すべては自分で引き寄せているということを。



整体というのは、お客さんの体の自己治癒力のスイッチを

カチッとONにしてるだけです。



人は、病気になってはじめて健康のありがたみがわかるものです。

健康が普通であれば、それが健康として認識できないのです。

病気というものがないと健康のありがたみがわからないのです。



魚は、海の中にいることをわかりません。

水中にいることを認識するためには陸で生活する必要があります。



日常こそが幸の海という言葉があります。

目が見えて・鼻があって匂いがわかり・耳で音を聞くことができ、

口で物を食べることができ、話すことができ、両手・両足が自在に動き・・・

五体満足であることがいかに幸せか。



普段の生活で当たり前のことがいかに幸せか。

たまに認識してみると、どれだけありがたいことかがわかります。



病気というのは、感謝が足りないところからなるかもしれません。

「不平不満ばかり言いおって、けしからん」と

天が与える罰のようなものかもしれません。



日常こそが幸の海だということを忘れずに生きていきたいものです。

すべてにありがとう!感謝!!

期待するから苦しくなる

ストレスの原因

苦しくなる原因

人の悩みの多くは、人間関係。



相手に対して期待することをやめる。

相手を許す。

そして自分も許す。



頭ではわかっているが、「感情」が制御不能になる。

でも、客観的に冷静に物事を見ることができるようになると、

制御可能となる。



しかしながら、なかなかには・・・。

修行はつづく^^;


あなたのカラダ応援団 ラクーン整体院です^^


よくなる人・よくならない人

最近よく思うことがある。


それは・・・


物事に対する考え方・感じ方の重要性。


整体をやっていて、

調子のよくない人が

すぐによくなる人と、

よくならない人にわかれる。



整体をはじめたころは、

よくならない人がいると、

自分の技術力が、そこまでしかないんだと

申し訳なく思っておりました。^^;



でも、同じような症状なのに、

すぐよくなる人と、そうでない人にわかれるのです。

技術力のなさだけが原因とは考えられないこともあるのです。



はてさて?



最近、すごくわかってきました。

考え方・感じ方の違いだということが。



よくなる人の場合、

少しでも改善すると、



「腕がここまであがるようになった」

「うれしいな」

「ありがたいなぁ」


と、そのほか日々の小さなことまで

幸せに感じているのがわかります。



よくならない人の場合、

改善しても、



「どうせまたすぐに戻っちゃうのよ」

「私は、本当に苦労ばかりで大変」

「わたしほど、不幸な人生はなかなかないわ」



などと、自分自身で

マイナスの方向に

いこうとしているのがわかります。



周囲がいくら、どんなに、

よい方向に持っていったとしても、

マイナスに戻ってきてしまうのです。



これではよくなるものも、

よくなりません。



私の好きな、小林正観さんの言葉に

次のようなものがあります。



思い通りに

ならないなんて

そんな不遜な

傲慢な



呼吸ができて、

日差しを浴びて、

出かけて話して、

食事ができて、

全てが自分の

思いのとおり。



日々、この言葉を忘れないで

生きていきたいものです。


あなたのカラダ応援団 ラクーン整体院です^^

プロフィール

アトム358

Author:アトム358
三重県松阪市嬉野で整体院やっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。